ラーメン屋開業奮闘記 in 名古屋(はまゐば)

名古屋でラーメン店を開業するまでを公開していきます。→開業後のあれこれも・・。→多店舗展開への挑戦のことも・・・。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
値段について
今まで10年弱金融マンだったが、今後はラーメン屋を事業としてやっていこうと考えています。

今日は少しシビアに価格のお話をします。

当店『はまゐば』の主力商品であるラーメンは、価格設定の一般的な方式のうち『競争優先方式』により価格設定するつもりです。

麺200グラム一杯590円という価格は、付近競合他店の価格や一般的な標準価格を参考にして、自社商品の価格をまず決めてから、製品開発や商品仕入を考える、という方法で
『美味しければ必ず売れるであろう価格』として設定しました。

でも最も重要である原価率のコントロールにしても

「これ高いけど美味いんだよなあ・・。」
「多少原価率が上がっても比例級数的に数が増えればいいやぁ。」

と何の根拠も無い希望的観測を根拠に

結局「まあいいっか!」

と製品開発や商品仕入を考えてしまいそうなのが怖いです。


我々脱力系は根がアバウトなんです(笑)


そしてラーメン業界の現状ですが、
僕がいた証券会社のアナリストのレポートによると

国内の外食ラーメン市場規模は6〜7000億円と試算されている。
同程度の市場規模があるとされるハンバーガー業界との大きな相違は、ハンバーガー業界における日本マクドナルドのようなガリバー企業が、現在のラーメン業界には存在しない点である。

ラーメン市場の過半を中小チェーンや個人経営店が占めており
大手ラーメンチェーン10社の売上高合計は1360億円程度(2002年度)
にとどまる。

ラーメン市場の参入障壁は、一般的に低いといえよう。
低い要因としては、
 .蕁璽瓮鹽垢魎泙牾或産業では重厚長大な製造業などに比べ
  起業するための設備投資が少ないこと。
 ▲船А璽鷁修進行しにくいため寡占化が進みにくく大勢が決定しにくいこと。

などが挙げられる。


中食、コンビニ弁当は、嗜好性の強い『はまいば』のラーメンとは競合性が低くそれほど脅威と考える必要はないと思います。

結論として、いろいろ能書き言っても結局は

とにかく安くて美味しくておなか一杯になるラーメンを作ることです。

| comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
ありがとうございます!! 具体的にオープン決まりましたら、またここでも告知しますのでよろしく願いします。
| 店主 | 2006/07/22 4:54 PM |
がんばってるね〜。
回転したら、間違えた・・開店したら速攻食べに行くよ!!
| ikuo | 2006/07/22 12:22 AM |
頑張ってね!応援してます。開店したら食べに行きますね(*^_^*)
| ◆tomoko◆ | 2006/07/21 11:38 PM |









トラックバック機能は終了しました。
page top   

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS